アコム 無人契約機

消費者金融のアコムといえば大手の金融業者として多くの方に知られています。アコムは様々なサービスで評判となっている業者ですが、サービスの一つとして無人契約機の「むじんくん」が全国に設置されています。ですが、最寄りに無人契約機が無いという方はどうやって利用すれば良いのでしょうか?その答えはWEBを活用する事です。WEBを活用する事で何処からでも申し込みも借り入れも出来ますので、とても便利なサービスとなっています。当サイトでは、WEBの活用方法等を詳しくご紹介していますので、WEBでの利用方法が分からないという方や、アコムを検討されている方に参考にしてもらえたらと思います。

 

 

アコムの無人契約機を使わず借入

初めてのアコムのCMでお馴染みとなっている消費者金融大手のアコムは、サラリーマン金融時代から続く老舗の貸金専門の企業となっています。アコムは、初めてキャッシングを利用する人に対して、疑問や不安などに対する対応をしっかりとサポートする体制を整えており、フリーダイヤルで何時でもキャッシングに対する対応を行っています。

 

現在、アコムは金融規制緩和の流れにより貸金業単独での経営から、三菱UFJフィナンシャル・グループとなり、キャッシングのサービスを展開しています。アコムが三菱UFJフィナンシャル・グループとなったことにより、三菱UFJフィナンシャル・グループが持つ全国の支店舗や銀行ATMなどのインフラを共有できるようになっただけでなく、メガバンクとしての資金力の後ろ盾を得ることができました。

 

また、アコムが単独経営であった時代よりも三菱UFJフィナンシャル・グループのネームバリューにより利用者からも安心度が増したのではないでしょうか。実際に、三菱東京UFJ銀行が扱うカードローンのバンクイックの審査は、アコムが委託して行うものとなっており、ホームページやカードローンのパンフレットにも、しっかりとアコムの名前が示されています。

 

また、三菱東京UFJ銀行が取り扱う個人向けの小口融資業務であるカードローンのサービスを共有することで、より幅の広いキャッシングサービスを提供できるようになっています。消費者金融のキャッシングと言えば、無人契約機のサービスがあります。無人契約機が登場するまでは、お金を借りたい人は消費者金融の店舗窓口に出向いて、申し込み手続きを行う必要がありました。

 

当然、店舗での申し込み手続きは、平日の営業日の営業時間に出向く必要があり、会社勤めの人などにおいては制約が大きいものでした。それよりも、お金を借りる行為として人目に見られたくないという利用者も多く、特に女性の利用者にとってはそう言った気持ちが大きいのではなかったのでしょうか。キャッシングの無人契約機が登場したのは、1993年のバブル絶頂期のときに、このときサラ金業者であったアコムが日立製作所と提携して初めて導入したものとなります。

 

この無人契約機の登場により、キャッシングが24時間365日サービスを受けることができるようになっただけでなく、誰もいないところでキャッシングの契約や借入などが行うことができるようになったことから、女性のキャッシング利用が増えた要因ともなっています。

 

実は、無人契約機と同じ仕様のもので、三菱東京UFJ銀行の前身であるUFJ銀行(旧三和銀行)においても無人で通帳発行や定期預金のサービスを行うテレバンクが登場していたのも何かの縁があったのかもしれません。

 

無人契約機でのキャッシング契約には、1時間から2時間程度必要となることがあり、利用者は無人契約機の所で足止めとなってしまいます。現在は、インターネットや携帯電話でのキャッシングサービスが普及することになり、無人契約機での借入は時代とともに減少することになっています。

アコムの即日融資の注意点

早くキャッシングをしたいと思ったらアコムがおすすめではあるのですが、そんなアコムで即日融資を受けるという際には、ある程度注意をしないといけない事もあります。ですからそういったアコムで即日融資を行なう際に気をつけると良い事をご紹介します。

 

まず、アコムの即日融資はネット完結申込、契約機、窓口等様々な方法でできます。その中でネット完結申込をする際に気をつけるべき事があります。それは、ネット完結申込だと振込にて融資を受けるという事になり、銀行の営業時間内でないとその日に融資が受けられません。時間にこのような縛りがあるという事を知らずにネット完結申込をしてしまうと、手続きは終わっても肝心の融資に時間がかかるという事態になってしまう事でしょう。

 

アコムで即日融資をご予定されている人は、この事は知っておいて注意をしないといけないと言えるでしょう。銀行営業時間外ならば、カード発行をおすすめします。参考にしてください。